ソリューションランド
ENGLISH

HOME
実現したいこと 大会のご案内 資料館 Museum LINK

2019年1月アーカイブ

岩手日報に対人能力養う科目新設へ 北日本高等専修学校という記事が出ていました。

岩手県の北日本高等専修学校(田中耕之助校長、生徒28人)は2019年度、不登校を経験した生徒らのニーズに対応するため、対人関係やコミュニケーション能力を養う新科目を新設する。新科目のソーシャル・スキル・トレーニング(SST)は1、2年生を対象に開設する。心理療法「解決志向アプローチ」を活用。さまざまな体験活動を通じて生徒に寄り添いながら、成長を促す。ということです。

詳しい内容については北日本高等専修学校の解決志向教育.pdfの広報資料をご覧ください。

こういった試みは佐賀でのソリューションランドの影響だと校長は語っています。

ますます発展していくことを願っています。

毎年四国の高松で開催されている解決志向アプローチについてのセミナーが今年も開催されます。

実施期間:2019年4月~2019年10月まで

     各月の土曜日13時~16時半 計7回

実施場所:サンメッセ香川(高松市林町2217-1)

募集人員:30人(先着順に受け付けます)

募集期間:2019年1月29日~ 3月2日

その他、詳しいことは解決志向アプローチセミナー受講案内.pdfをご覧ください。

兵庫県多可町議会が町民らが家族や友人、職場の同僚らの良い点を見つけ、言葉で伝え合うことで地域活性化を目指す「多可町一日ひと褒め条例.pdf」を可決しました。

条文は「一日に一度は人を褒める、または感謝の気持ちを伝える」「人の良い言動や成果を見つけ出し、積極的に称賛する」「事業所は経営者や従業員が積極的にコミュニケーションを図り、風通しの良い職場をつくる」などとなっているとのことです。

これはSNSなどで相手を匿名で否定する行為が増えている中、それに対抗する手段として考えられたそうです。

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.3