ソリューションランド
ENGLISH

HOME
実現したいこと 大会のご案内 資料館 Museum LINK

2016年1月アーカイブ

待ちに待った

解決のための面接技法[第4版]がDVD付きで発売されます。

詳しくはこちらから。

解決のための面接技法.jpg

Brief Coaching with Children and Young People

: A Solution Focused Approachという本は

若者向けの解決志向アプローチの応用についてのとても良い本で、

実例も多く紹介されています。

早くどなたか翻訳していただけないかなと思います。

さてその中で"実例(instance)"という新しい用語が紹介されています。

当初"例外"は問題に対する例外として定義されていましたが、

それに加えて解決の既にある一部も"例外"と呼ばれるようになりました。

しかしどうしてもこの二つの区分がしにくく

使い分けが難しいときがありました。

そして今回この後者の例外について著者のHarvey Ratner Denise Yusuf

"実例(instance)"と定義して使い分けることを提案しました。

これはもう少し付け加えるとinstanceof success)です。

またinstanceの訳は英辞郎では

1.〔証明などで引用する〕例、実例

2.〔物事が起きる〕場合、出来事

3.〔一連の出来事の〕過程、ステップ となっています。

for instance は 例えば、例として という熟語もよく使われますよね。

これからはこの用語が使われると便利かなと思います。

Brief Coaching with Children and Young People.jpg

Robert G. Blundo さんと今年来日するJoel Simon さんが書いた

解決志向についての本です。

現在のそのまとめとお二人の実例が紹介されていて

理解しやすいとなっています。

blundo1.jpg

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.3