ソリューションランド
ENGLISH

HOME
実現したいこと 大会のご案内 資料館 Museum LINK

2012年12月アーカイブ

正式な署名は
Mr. Bear Wants to Be Loved:
And Other Stories About Making Change Easier:
for Children and Their Parents
著者はアメリカ在住のイタリア人Mr. Paolo Terni Ph.Dです。
解決志向の考え方を子どもや保護者向けにわかりやすく
そのポイントを短く紹介しています。
英語もシンプルで絵もついていて
象と猿の対応の違いから解決志向と問題志向の違いが
良くわかります。
解決志向の入門書としてもお勧めです。

cover.png

| コメント(0)

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.3